芸大美大・筑波大・美術科高校受験予備校

日本画科

芸術性や美的感覚を技術とともに伸ばそう

日本画科は、大学進学後や作家に必要とされる芸術性や
美的感覚という将来的に大切にしなければいけないことを
磨きながら、受験突破のための基本的な技能や考え方を身に付け、
それらを使った技術の向上を目指していきます。


〜日本画って何だ?〜

 
  日本画と聞いても、絵画に興味を持ち始めたばかりの方には馴染みのない名前かもしれません。
  様々な解釈がありますが、日本画とは伝統的な画材の特質を活かし、描かれ受け継がれてきた
  平面作品や表現形式の総称と捉えられると思います。
 
  大学では様々な個人テーマで制作していきますが、美大受験対策としてはデッサン力や
  色彩感覚を磨きながら、石膏デッサン・静物デッサン・水彩画を中心に制作していきます。

 

年間スケジュール

1学期 基礎力の確立
 
  石膏デッサン・静物デッサン、
  石膏像着彩、
  静物着彩、人物着彩、
  細密描写、写真模写、
  大モチーフデッサン・着彩、
  光源・立体に対する理解
  色彩・技法ゼミ
 
2学期 基礎の確認と
      応用力の養成
 
  多種類に渡るモチーフ制作による
  表現力の向上、
  日本画実習、石膏デッサン、
  静物着彩、人物着彩、
  風景写生、美術館見学、
  短時間制作
 
3学期 実践力の強化
 
  志望校別対策課題、
  私大特訓、芸大特訓
  試験本番シュミレーション、
  一人一卓課題、
  短時間制作

一人一卓着彩

日本画科 過去作品

クリックすると拡大出来ます。

      *受験対策の観点から私立美大対策の作品は少数掲載とさせて頂きます。
       東京芸術大学・東北芸術工科大学・女子美術大学などの対策課題として、
       デッサンと静物着彩作品を多数掲載しております。