芸大美大・筑波大・美術科高校受験予備校

工芸科

観察力・発想力・制作スピードの向上


工芸科は物作りが好きな人、物を見ることが好きな人が集まっています。


確かな造形力と客観性を養うために、
デッサン・立体造形・着彩を通して然成造形的な感覚を養います。

  作品が完成した後はそれだけで終わらず、
  過去の制作作品と見比べるなど、じっくり作品に向き合います。
  生徒と講師が意見交換しながら定期的な個別面接指導を行ない、
  各人の方向性や個性を育てます。

2008年度東京芸術大学合格者入試再現作品昼間部授業風景

年間スケジュール


昼間部授業風景1学期 基礎固め
 (デッサン力の向上、観察力の養成)


 石膏デッサン・静物デッサン・
 木炭デッサン体験・大モチーフデッサン・
 細密描写・写真模写・
 静物着彩・立体構成


2学期 表現の応用


 石膏デッサン・静物デッサン・
 静物着彩・色彩平面構成・立体構成・
 自由素材制作・パピエコレ制作


3学期 志望校別対策課題


 受験校の過去問対策
 弱点補強課題
 東京芸術大学特訓課題


 

工芸科 過去作品

クリックすると拡大出来ます。